キーワード
  1. 雑草
  2. 肥料
TAG

注意点

  • 2020年3月30日

【モンステラの育て方】夏とは違う冬の間の育て方の注意点

モンステラを育て始めて、初めの冬を迎えるときには、育て方にも注意が必要です。夏の育生期とは、水やりや肥料など、お世話の仕方も違う点があります。そこで、モンステラの冬の間の育て方のポイントについてご紹介します。冬の間も夏と同じお世話をしていると、根腐れを起こしやすくなったり、葉が枯れる原因になってしまいます。夏にまた成長できるように、冬の間の正しいお世話の仕方を覚えておきましょう。

  • 2019年10月24日

モンステラの茎から伸びる気根は切る?気根のお手入れ方法

モンステラを育てていると、茎から根のようなものが生えてきます。初めてモンステラを育てる方は、ちょっとびっくりしてしまうかも知れません。茎から伸びる根の正体は気根と呼ばれます。ここでは伸びてきた気根のお手入れ方法。気根は切ると良いのか、切らないほうが良いのかをご紹介いたします。気根はモンステラを増やす際にも役立ちます。増やす際の切る方法や注意点についてもご紹介をしていますので、参考になさってください。

  • 2019年10月21日

ポトスを水差ししたままにすると根が腐る?水栽培する際の注意点

ポトスが大きく育つと剪定をし、カットした茎を水差しして増やす方が多いと思います。ポトスは水栽培ができる植物なので、水差しのまま水栽培を続けることが可能ですが、注意をしないと根が腐ることもあります。ここでは水差しでポトスを増やした後の育て方について、水栽培を続ける際の注意点についてもご紹介をいたします。ポトスには水栽培用の苗も販売されています。ハイドロカルチャーなどで育てたい方には、専用の苗で育てることをおすすめします。

  • 2019年10月18日

竹のような見た目の観葉植物の種類や育て方について知りたい

観葉植物にはさまざまな種類がありますが、その中でも竹のような見た目や名前をしているものもあります。そういった観葉植物にはどんな種類があり、育て方はどのようにすれば良いのでしょうか。ここでは、そんな和のテイストに合うような観葉植物の種類や、育て方などについてご紹介いたしますので、是非参考にしてみてください。

  • 2019年10月9日

モンステラの鉢の植え替えで重要な点と方法をお教えします

モンステラは葉の形が可愛らしく、部屋のインテリアとしても人気です。しかし育てやすく成長しやすいモンステラは、定期的に鉢の植え替えが必要になってきます。ここではモンステラの植え替え時期や、植替えが必要なサイン、もちろん植え替え方法についてもご紹介いたします。モンステラの植え替えには鉢の大きさや、植え替え時期が重要なポイントとなります。このような点に注意をして、モンステラが生き生きと育つように植え替えをなさってください。

  • 2019年10月8日

ベンジャミンバロックの基本の育て方と注意点を理解しましょう

観葉植物初心者でも育てやすいと言われている「ベンジャミンバロック」。しかし、置き場所や水のやり方には注意が必要です。そこで今回は、ベンジャミンバロックの育て方や注意点について説明します。日当たりの良い場所に置くことがベストですが、エアコンの風が当たらないように置く場所にも気をつけましょう。さらに虫から守ることも大切です。また、ベンジャミンバロックは増やすことも可能です。増やしていろいろな場所に置いてみませんか。

  • 2019年10月6日

アデニウム・オベスムの植え替えのタイミングと正しいやり方

アデニウム・オベスムは1年に1~2回植え替えした方が言われていますが、育て始めたばかりの人はいつ植え替えした方がいいのか、またそのやり方についてもわからないでしょう。そこで今回は、アデニウム・オベスムの植え替えのタイミングと正しいやり方について説明します。植え替えする前は土を乾かすようにしましょう。また、砂漠のバラと言われているアデニウム・オベスムは、寒さが嫌いです。冬の間など育てる上での注意点についても説明しますので、根腐れしないように大切に育てましょう。

  • 2019年9月26日

サボテンの鉢に穴なし容器を選ぶ時の注意点を育て方を解説

インテイリアとしてサボテンを育てていると、サボテンの鉢もおしゃれなものにしたいと思います。穴なしのサビ缶や陶器の入れ物など、素敵なデザインのものを鉢にしたいと思っても、底穴がなければサボテンを育てられないと考えるのではないのでしょうか。底穴がない容器でサボテンを育てることにはデメリットもあります。ですが、育て方次第ではうまく育てることができますので、デメリットや注意点と併せて育て方について確認してみましょう。お気に入りの容器で上手にサボテンを育て、おしゃれなインテリアとしてお部屋にプラスしましょう。