【モンステラの育て方】夏とは違う冬の間の育て方の注意点

モンステラを育て始めて、初めの冬を迎えるときには、育て方にも注意が必要です。夏の育生期とは、水やりや肥料など、お世話の仕方も違う点があります。
そこで、モンステラの冬の間の育て方のポイントについてご紹介します。冬の間も夏と同じお世話をしていると、根腐れを起こしやすくなったり、葉が枯れる原因になってしまいます。夏にまた成長できるように、冬の間の正しいお世話の仕方を覚えておきましょう。

観葉植物カポックの葉がベタベタする原因「害虫」と対処法

マンションでも育てやすい観葉植物として人気のカポック。比較的丈夫だと言われていますが、葉を触った時に...

プラントリアンヌ

アスパラガス・スプレンゲリーの育て方。置き場所や水やり、肥料

観賞用のアスパラガス・スプレンゲリーは、葉に光沢があり、繊細な葉が印象的です。インテリアとしても人気...

モンステラの剪定や、水栽培のやり方について知りたい

モンステラは、独特な葉の形をしていて、生命力が高く、そのおしゃれさと育てやすさから人気の高い観葉植物...

フランスゴムの木の育て方【置き場所や水やり、肥料など】

お部屋のインテリアとしても人気のフランスゴムの木。これから観葉植物を育ててみたいという方にも、それほ...

ベンジャミンバロックの剪定や適した時期、お手入れ方法を紹介

ベンジャミンバロックは葉のくるくるした形が特徴的な観葉植物です。ここではそんなベンジャミンバ...

パキラの根腐れ症状と対処法!手遅れのときは挿し木で増やそう

パキラの根がぶよぶよになり、元気がなくなってきたようであれば、それは根腐れの可能性があります。...

ポトスの増やし方。挿し木や水挿しで増やすコツと注意点

観葉植物のポトスはお部屋のインテリアにも馴染みやすく、人気の植物です。このポトスは、自分で増やすこと...

パキラには実生と挿し木がある?誰でもわかる見分け方

パキラはよく見かける観葉植物の1つ、お家で育てている方も多くいらっしゃいます。そんなパキラに花が咲き...

モンステラの気根による増やし方、剪定方法から飾り方までご紹介

個性的な葉をもつモンステラは、地中の根以外にも気根と呼ばれる根があり、気根による増やし方が一般的です...

インテリアとしても人気のグリーン!観葉植物フィカスの育て方

観葉植物のフィカスはインテリアとしても人気です。フィカスはゴムの木と呼ばれることが多いですが、その種...

ユッカ【観葉植物】が枯れる原因と対処法!元気を取り戻す方法

観葉植物のユッカは、観葉植物初心者にとっても比較的育てやすく人気の植物です。しかし、間違った育て方を...

室内の植木鉢の土に発生するカビの原因と除去する方法

室内で観葉植物を育てていると、植木鉢の土の表面に、白いカビが発生することがあります。このようにカビが...

観葉植物のドラセナが枯れる原因とは?対処法についてもご紹介

ドラセナは観葉植物の中でも育てやすい植物とされています。また育てやすことに加え花言葉が幸運を意味する...

ガジュマルは観葉植物初心者でも育てやすい木。基本の育て方

観葉植物のガジュマルは個性的な幹が印象的な人気の植物です。ガジュマルは数ある観葉植物の中でも、丈夫で...

蘭の育て方【デンドロビウム】基本的な育て方と花を咲かせるコツ

蘭を育てたいと思っている人におすすめなのが「デンドロビウム」という蘭です。デンドロビウムはとても丈夫...

冬のモンステラの育て方は室内で管理

モンステラは緑の大きな葉に切り込みがあり、その特徴的な姿からとても人気がありますよね。

モンステラは存在感があるのでインテリアのイメージを変えたい時に便利

南国風の姿から想像できると思いますが、寒さには弱いという面があります。

寒い地域の場合は外に出して育てるのは難しいでしょう。比較的寒さが厳しくない地域でも、冬は室内で育てるようにしましょう

モンステラの耐寒温度は5℃と言われていますので、15℃を下回るような時期は室内で育ててください。

モンステラは冬は休眠状態に入ります

室内でも日差しが適度に当たる場所に置くようにします。熱帯雨林が原産ではありますが、強い直射日光は嫌いますので、窓のカーテン越しに日が当たるような場所を選ぶと良いでしょう。明るく半日陰のところがベストです。

冬場の暖房器具にエアコンを使っているのなら、エアコンの風が直接モンステラに当たらないような注意も必要です。

モンステラの冬の育て方で覚えておきたい水やりの注意点

冬場の室内に置いたモンステラは、葉が乾燥しないように気をつけてください。エアコンなどの暖房により空気が乾燥気味だと、モンステラの葉も乾燥して落ちてしまう可能性があります。

モンステラは乾燥には強いタイプでも葉の表面の水分は乾きやすい

葉の表面が乾いているようなら、時々霧吹きなどで水を吹きかけてください。

このとき、冷たい水を使うよりは少し温めた水を使って吹きかけると良いでしょう。冬場に限らず、モンステラは葉の表面が乾かないようにしてください。

冬の休眠期は水をそれほど必要とはしないため、水やりは控えめにしてください。

乾燥気味で丁度よいので、鉢の土が完全に乾いてから更に2~3日待って水やりをします。休眠期であっても水を与えるときはたっぷりと与えてください。

冬のモンステラの肥料について

冬になるとモンステラは休眠期に入ります。休眠期に入ったら肥料は必要ありません。

冬の間はモンステラをしっかりと休ませてあげること

水やりも控えめししますので、活動期のような世話をする必要はありません。

休眠期と活動期のメリハリをつけることが大切です。

ですが、冬の間は暖房を使って家の中がずっと暖かい状態の場合も多いですよね。家の中が冷えたり寒さを感じる状態になることもなく、常に一定の温度で暖かい状態であるのなら、モンステラも休眠しないこともあります。その場合は冬であってもモンステラの世話が必要になってきます。

活動期と同じように水と肥料を与えてください

水やりは土が乾いたらたっぷりと与えますが、肥料は与えすぎてしまうと葉の形が悪くなってしまう場合があります。あの大きな葉が特徴のモンステラですから、葉の形はキレイに保ちたいですよね。肥料は少し控えめに与えて様子をみてください。

室内が暖かくても、窓のそばは冷気が入ってきて冷えることがあります。日中は日差しがあたって暖かくても、夕方以降は冷えてしまいます。その場合は状況に合わせてモンステラの置き場所も移動するようにしてください。

モンステラの育て方で気をつけたい葉が枯れてくる原因と対処法

モンステラは大きい葉が印象的ですよね。この葉が枯れてしまったり、色が悪くなってしまうと見た目も変わってしまいます。

モンステラの葉が枯れてきた場合に考えられるのが水やりの仕方を間違えているか、直射日光に長くあててしまったかということです。

水やりの状態を見直してみてください

水を与えすぎていると感じるのなら、根腐れを起こしている可能性があります。その場合は水やりをこれまでよりも控え、モンステラを日当たりの良い場所に移してください。少し乾燥気味の状態にして様子をみます。

水が少なすぎたと思われる場合は、たっぷり水を与えてあげます

冷たい水よりは少し温めた水の方がおすすめです。モンステラの根本にたっぷりと与え、根腐れを起こさないように余分な水は捨てておきます。
普段から葉に霧吹きで水を吹きかけているだけの場合なら、水が少なすぎた可能性が高くなります。

直射日光が原因の場合もある

モンステラは長い時間、直射日光にあたることを嫌う植物です。カーテン越しに日差しがあたるような状態にするか、日差しにあてる時間を短時間だけにして置き場所を移動するようにしてください。

モンステラの植え替えをするなら育生期に行うこと

モンステラの葉が増えてバランスが崩れてきたら植え替えをしてください。

鉢の底から根がはみ出してきているようなら、すぐにでも植え替えを行うようにしましょう。下葉が枯れてくる場合は鉢が小さくなっている可能性があります。その場合は大きめの鉢に植え替えます。

モンステラの植え替えは育生期に行う

冬の休眠期は水やりや肥料も控える時期ですので、この時期に無理に植え替えをするのはよくありません。植え替えが必要と感じても、育生期に入るまで待ってから行ってください。

植え替えに丁度よい時期は5月から9月にかけての間

植え替える時は根に傷をつけないように丁寧に行ってください。植え替えたら水をたっぷり与え、肥料も一緒に与えておくと良いです。
植え替えのペースは2~3年に一度ですが、モンステラの様子をみて必要なら植え替えをするようにしましょう。