キーワード
  1. 雑草
  2. 肥料
プラントリアンヌ

アスパラガス・スプレンゲリーの育て方。置き場所や水やり、肥料

観賞用のアスパラガス・スプレンゲリーは、葉に光沢があり、繊細な葉が印象的です。インテリアとしても人気で、自分でも育ててみたいと思う方は多いと思います。
そこで、アスパラガス・スプレンゲリーの育て方についてご紹介していきます。適した置き場所や水やりの方法など、基本のお世話についてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ポトスの増やし方。挿し木や水挿しで増やすコツと注意点

観葉植物のポトスはお部屋のインテリアにも馴染みやすく、人気の植物です。このポトスは、自分で増やすこと...

アデニウム・オベスムの植え替えのタイミングと正しいやり方

アデニウム・オベスムは1年に1~2回植え替えした方が言われていますが、育て始めたばかりの人はいつ植え...

オリーブミッションの育て方。実を付けるためのポイント

オリーブはたくさんの種類がありますが、オリーブミッションは日本の環境でも育てやすい品種です。初めてオ...

室内の観葉植物の植木鉢に発生しやすい虫の種類と駆除方法

室内で観葉植物を育てていると、植木鉢に発生する虫の駆除も必要なお世話です。屋外で育てるほどではないで...

観葉植物を旅行で枯らさない!留守中の水やりやおすすめの対策

長期休みを利用しての家族旅行や、年末年始で家を長い間留守にする場合に、自宅でお世話している観葉植物の...

パキラの花の咲かせ方や、育てるコツについて知りたい

パキラという植物をご存知でしょうか。お家で観葉植物を育てたことがある人であれば、聞いたことがある...

ポトスを水差ししたままにすると根が腐る?水栽培する際の注意点

ポトスが大きく育つと剪定をし、カットした茎を水差しして増やす方が多いと思います。ポトスは水栽培ができ...

ユッカ【観葉植物】が枯れる原因と対処法!元気を取り戻す方法

観葉植物のユッカは、観葉植物初心者にとっても比較的育てやすく人気の植物です。しかし、間違った育て方を...

ベンジャミンバロックの基本の育て方と注意点を理解しましょう

観葉植物初心者でも育てやすいと言われている「ベンジャミンバロック」。しかし、置き場所や水のやり方には...

モンステラの気根による増やし方、剪定方法から飾り方までご紹介

個性的な葉をもつモンステラは、地中の根以外にも気根と呼ばれる根があり、気根による増やし方が一般的です...

アデニウム・オベスムの花の特徴と咲く時期と気になる冬の管理

アデニウム・オベスムの花を見たことはありますか?とても美しい花を咲かせ、その別名は「砂漠のバラ」...

ユッカ・ロストラータを地植えで育てよう!育て方と注意点

鉢植えの観葉植物として人気のユッカ・ロストラータですが、お庭のある一軒家に住んでいる人は「地植え」に...

観葉植物ベンジャミンの育て方。置き場所や水やり、基本のお世話

ベンジャミンは人気の観葉植物で、お部屋のインテリアとしてはもちろん、お店などでもよく目にする植物です...

観葉植物【ポニーテール】 切り戻しのやり方と元気に育てるコツ

ふさふさをした葉っぱと丸みを帯びた幹の部分が魅力的な観葉植物のポニーテール。見た目だけではなく育...

ガジュマルは観葉植物初心者でも育てやすい木。基本の育て方

観葉植物のガジュマルは個性的な幹が印象的な人気の植物です。ガジュマルは数ある観葉植物の中でも、丈夫で...

スポンサーリンク

観賞用のアスパラガスの種類

アスパラガスはユリ科の植物で、観賞用のアスパラガスと食用のアスパラガスは同じ名前で同じ仲間なので、食用アスパラガスを伸ばした時と緑色のふさふさの見た目は少し似ています。

しかし、品種が違うので、アスパラガス・スプレンゲリーを育てても食べられる若芽は生えてきません。

観賞用のアスパラガスにもいろいろな品種があります。

  • プルモーサス・ナナスはふさふさの葉がとても細いのが特徴です。
  • アスパラガス・メイリーは茎が丈夫で茎ごとにしっかり立つのが特徴で、それぞれの茎が独立したようにニョキニョキと出ています。
  • アスパラガス・スプレンゲリーはアスパラガス・メイリーほど茎が立たず、伸びてくると下に垂れるのが特徴で、鉢植えの他にもプランターなどで吊るして植えるのに適しています。

アスパラガス・スプレンゲリーの育て方、適した置き場所

アスパラガス・スプレンゲリーは日当たりが良ければどこでも育ちやすい丈夫な観葉植物なので、窓がある浴室のインテリアにも適しています。

浴室の窓は曇りガラスになっていて明るくても真夏の直射日光は避けることができ、湿気に強いので窓辺に置くのに向いています。葉が焼けないように直射日光を避け、日当たりが悪いと葉が落ちてしまうので明るいところに置くのが良く、水やりは土が乾いてから行います。

根が育ちやすいので株分けをしたり、ひとまわり大きな鉢に植え替えて根詰まりを予防しましょう。

茎もよく伸びるので、伸びすぎたら切って形を整えてください。

アスパラガス・スプレンゲリーの育て方で大切な水やりと肥料について

アスパラガスは乾燥にとても強い植物なので、水やりのタイミングは土の状態を確認し、土が乾いてからあげてください。

常に湿った状態には弱いので水のやりすぎに気を付け、梅雨の時期には屋内に入れるなどしましょう。

葉が黄色に変色してしまった時は乾燥しすぎのサインなので、暑い時期に葉が変色してしまった時には水やりの回数を少しだけ増やしてあげてください。
春から秋にかけての成長期には月に2、3回のペースで液体肥料を与えるか、固形肥料を2か月に1回与えてください。成長期を迎えてもあまり成長せず、それに加えて葉の色が悪くなってきたときには肥料の頻度を少しだけ増やして、成長を促してあげましょう。

また、冬の寒い時期は葉が枯れたような状態になってしまいますが、根が丈夫なのが特徴のアスパラガス・スプレンゲリーは枯れにくく、春になると芽吹いてくるのがほとんどなので枯れてしまったように見えても問題ないでしょう。

アスパラガス・スプレンゲリーの増やし方

根が育ちやすいアスパラガス・スプレンゲリーは、植え替えの時に株分けをすることで増やすことができます。

鉢から取り出した株を2、3個に分けてそれぞれを鉢に植え替えます。
手で分けられない時にはハサミを使い、株が小さすぎると新芽が出にくいので株の大きさを見て分けてください。

大きく育ちすぎてしまうとアスパラガス・スプレンゲリーには、バラのような硬いトゲが付くことがあります。
厚手の手袋や軍手をして作業すると安心です。

ハイドロカルチャーでの育て方のポイント

土に触れるのが苦手だったり、室内で育てたいけれど土は虫が湧いてしまいそうで敬遠してしまう場合には、ハイドロカルチャーで育ててみませんか?

ハイドロカルチャーとは粘土を石のように丸めて高温で焼いて作られるもので、観葉植物を植える時に土の代わりに用いられます。
石ころのような粒には目に見えないくらいの無数の穴が開いていて根の呼吸を助けてくれるほか、穴に水分が入り込むために保水性も高くて水やりの頻度が少なく済み、においや虫が付きにくいのでお手入れの手間も少なく済ませることができるので室内で観葉植物を育てるのに適しています。

ただし、ハイドロボールには土の中にいるような微生物はいないので植物から出るごみやカスを分解することはできず、鉢の底にどんどん溜まってしまいます。
透明なおしゃれな鉢に入れていてもカスが溜まってしまうと見た目が悪くなってしまいますし、根が腐ってくることもあるので1年に1回を目安にハイドロボールを新しいものに入れ替えてください。

ハイドロカルチャーを使ってアスパラガスを育てる時に注意しなければならないのが、水のあげすぎによる根腐れです。
乾燥に強い植物なので、保水性の高いハイドロカルチャーを使っているときには水やりは少なくし、底の水が無くなってから数日置いて乾燥してきた頃に水やりをしてください。
肥料は成長期以外は与える必要はないので、成長期にだけ水やりのタイミングで肥料を薄めて与えます。

ハイドロカルチャーに植え替える時には株を取り出して土をきれいに洗い流し、アスパラガス・スプレンゲリーは根が丈夫で育ちやすいので根が絡み合いすぎたところや土が取れないところは切ってしまって構いません。

根が丈夫な植物とはいえハイドロカルチャーに植え替えた直後は根への負担は大きく、弱ってしまうこともあるので1週間ほど日陰でゆっくり休ませる期間を作って、肥料や水やりも控えましょう。